携帯買い取りをする前に知っておきたいこと

「携帯電話・スマートフォン」に関しては、現在ほとんどの人が所持しているものです。ただ、端末の購入コストは非常に高い傾向があり、特にスマートフォンに関しては数万円もすることがほとんどです。通常は端末費用を使用期間(24か月)で月割りし、一定の割り引きを受けることで実質的には格安で購入できるようになるわけですが、必ずしもこの期間で端末が使用できなくなると言う訳ではありません。とは言え、次々に新しい端末が登場する市場環境の影響もあり、「新しいものが出るたびに買い替える」という人も少なくありません。そのような状態であれば、「十分に使用価値のある端末をどのように取り扱うのか」によっては負担が大きく変わってくる可能性があるということは覚えておきましょう。

「売る」という選択を忘れてはいけない

携帯買い取りとは、文字通り「スマートフォンや携帯買い取りを行い、安い料金で販売する」ということを行っているサービスです。いわゆるリサイクルショップなどが多く携帯買い取り業界に参入していますが、大型の家電量販店なども買取りを行っています。また、キャリアショップなどでも買取りを開始しているところが増えてきているため、ある意味では「買取価格が高騰している状態」と言えても良いでしょう。従来、使わなくなった端末は返却するかそのまま保管するという選択肢しかありませんでした。一応はリサイクルという選択肢もありましたが、0円で端末を入手できる頃にはその必要性が少なかったこともあってか、あまり利用される機会はありませんでした。スマートフォンの台頭によって端末価格が跳ね上がったことがきかっけとなり、現在の様に中古市場が活発に動くようになったわけです。

「どこに売るのか」という選択が重要

その為、多くの中古買取対応業者が登場したわけですが、だからこそ「どこに買い取ってもらうのか」という選択が大きく結果を左右するようになりました。スマートフォンには相場がありますが、必ずしも相場に遵守した価格で買取らなければいけないということではありません。相場が1万円の端末であっても、買取業者によっては5000円のところもあれば15000円のところもある為、「より高く買取ってくれる業者に交渉をする」と言うことが大切です。そういった業者を見極めるためには実際に査定を受けるのが手っ取り早い方法ですが、それでは効率が悪いので「他の人の体験談を参考にする」という方法がおすすめです。これをするかどうかによって最終的にいくらで買取ってもらうのかという結果が全く変わる可能性があります。