様々な携帯買い取りの方法について

「新しく携帯電話やスマートフォンを購入する」という場面において、「機種代金が高額であること」がネックになることは少なくありません。実質的には月々の料金支払い時に割引きが適用されることで負担が軽減されることが多いのですが、だとしても1端末当たり6~10万円にもなる端末を購入する負担は決して少ないものではありません。その際、少しでも購入時の負担及び使用中の負担を軽減するための選択肢として「携帯買い取り」を利用する方法があります。携帯買い取りには様々な業者が対応している他、「買取りの具体的な手段の違い」という点も考慮する必要があり、これらの選択を適切に行うことで「携帯買い取りで高い評価を得やすくなる」というメリットがあります。そこで、まずはどのような選択肢があるのかを覚えておきましょう。

来店(持ち込み)で買取りしてもらう方法

携帯買い取りの基本的な手段となるのが「来店(持ち込み)買取り」です。例えば、携帯買い取りを行っているリサイクルショップ・家電量販店・PCショップ・個人店などに売りたい携帯電話・スマートフォンを持ち込み、その場で査定評価を行って買取価格を決定し、その結果に納得が出来れば売買契約を締結して買い取ってもらうという流れになります。現在では、(総合)リサイクルショップで買取り対応を行っている他、家電量販店やキャリアショップなどでも買取り対応を行っています。身近にある買取り対応店で直接査定依頼をし、その場で結果を確認できるという点がメリットで、場合によっては持ち込み査定の方が良い結果になりやすいという傾向もあります。ただ、その為の時間と労力を確保する必要があると言った点がある意味ではデメリットと言えます。

来店不要(郵送)で買取りしてもらう方法

来店(持ち込み)での買取りの他にも、「来店不要(郵送など)での買取り」という選択肢もあります。実店舗が存在する買取業者でも来店不要での買取りに対応していることが珍しくありませんが、この方法を利用する際の選択肢としては「実店舗を持たない買取業者(オンラインショップなど)を利用することで、より高く買取ってもらえる可能性が生まれる」というメリットを生かす判断が効果的です。実店舗を持つ買取業者の場合、郵送買取りを依頼することで店頭持ち込み時よりも評価が低くなってしまう可能性がありますが、実店舗を持たない買取業者の場合はそういった心配が少なく済むため、より有意義な結果が得やすくなります。ただ、郵送コストが自己負担であったり、手間を考慮して結果に納得できていなくとも売却してしまうといったリスクがあることが懸念材料です。