携帯買い取りを郵送でするという選択肢

携帯を売る際には、来店買取と郵送買取という売り方があります。来店買取はお店へ行って売る必要があるため手間はかかるものの、即日で現金を手に入れることが出来ます。それに対し、郵送買取の場合は、お店へ行く手間がかからないものの即日で現金を手に入れることは出来ずに数日かかってしまいます。また、見積もり額が希望額に届かない場合、来店買取の場合、何箇所も歩いて回る必要があります。それに対し、郵送の場合、買取会社負担にて送り返してきますので、そのまま違う会社へ郵送するだけで大丈夫です。したがって、すぐにでもお金が必要であれば来店買取にて売ってしまい、現金を手に入れるのがある程度の期間がかかっても大丈夫であれば郵送買取を行うという選択肢がよいのではないでしょうか。

高く買い取ってくれるのは郵送買取

では、携帯買い取り額が高いのはどちらなのでしょうか。それは郵送買取になります。なぜならば、携帯買い取りの際に店舗が必要ないため、店舗を構えるコストを買い取り額に反映出来るためです。また、高い金額で携帯を買い取る会社は都心部に多いため、出来るだけ高い金額で買い取ってもらおうと思うならば都心部へ行く必要があります。都心部の買取会社の店頭へ行こうとすると地方であれば高額な交通費と時間がかかってしまいます。しかしながら、郵送買取であれば全国どこにいても郵送にて都心部へ送ることができ、都心部の価格で買い取ってもらうことが出来ます。その交通費や手間、そして事前に携帯買取会社のホームページより見積もった買取金額を総合して、店頭買取か郵送買取かの判断が必要です。

少しでも高く携帯を買い取ってもらえるようにするために

その他に、携帯買い取りの際に少しでも高く買い取ってもらえるようにすることも大切です。1点目として、付属品は出来るだけ揃え、汚れは落として綺麗に見せることが大切です。そのためには、使用後の買い取りのことを予め考えて使用前から、箱や使用しない付属品は取っておき、本体はガラスフィルムとケースを使用するという心構えが求められます。また2点目として、早めに査定してもらうことが大切です。例えば新作のスマートフォンが発表された際には古いスマートフォンが買取会社へ集まりがちになる傾向があります。したがって、大量の在庫を抱えてしまうため、その時の買取金額は下がってしまいます。携帯を売る際には様々な工夫をすることにより、高く買い取ってもらうことが出来ます。自分に合う売り方で売ることが一番良いと思われます。