携帯買い取りについてのチェックポイント

携帯電話やスマートフォンをこれまで使ってきた機種から新発売された新機種に買い換えたときは、旧機種が余ることになります。家族や友人に譲ることといった使い道はありますが、そういった予定がない場合は携帯買い取りに出すことがおすすめです。携帯買い取りは古い機種でも意外な高値で買い取ってくれることもあり、新機種に買い換える費用の一部に充てることができるのです。しかし、携帯買い取りを行っている店は複数あり、全ての店が良心的であるとは限りません。また、これまで使用してきた携帯電話やスマートフォンの状態によっては期待したほどの値段が付かないこともあります。不当に買いたたかれたり自らの不備によって買取価格を下げられないように、チェックポイントを押さえることが大切です。

買取ショップのチェックポイント

携帯買い取りを依頼するには、まずショップを選ぶ必要があります。大きく分けてインターネットのショップと実店舗のショップがあり、それぞれ異なる特徴があります。インターネットのショップでは、買取の申し込みから携帯の集荷、そして買取金額の振り込みまでを全て自宅で行えるという特徴があります。しかし、買取を依頼したにも関わらず査定後に買取をキャンセルする場合は送料が利用者持ちになってしまい、キャンセルがしづらいというデメリットもあるのです。一方、実店舗の買取ショップの場合は携帯を持ち込んだその場で査定を行ってもらえるためスピーディに携帯買い取りを終わらせることが可能です。店によって買取価格が大きく異なる場合がありますが、査定額に納得できればおすすめできます。

携帯やスマートフォンの状態についてのチェックポイント

携帯買い取りを利用するときは、買取に出す端末の状態が買取金額に大きく影響します。まず、端末の筐体や液晶画面が汚れている場合は丁寧に拭き掃除をしておくことと良いでしょう。画面保護フィルムを貼っていて、フィルムが傷ついていた場合は剥がしてしまったほうが査定額は高くなることが多いです。また、買取に出すときはできるだけ購入時の状態に近づけることが大切です。外箱や説明書はもちろん、イヤホンや充電アダプタ、接続ケーブルといった付属品も揃えて、丁寧に箱に納めてから査定を依頼します。そして、査定結果が出たときに、覚えがない位置の傷を指摘されるなど最後にチェックした状態とは異なる結果が出たときは異議を申し立てるべきです。インターネットの店舗であれば写真を要求し、実店舗であれば実際に傷を見せてもらうのです。良心的なショップであればしっかりと対応してくれます。